栃木民間救急自動車 民間救急

ストレスのない
移送や転院をお約束いたします。

お車での移動は患者様の体には大きな負担となります。

病院から病院への転院には通常、ご家族様がお迎えに病室へ赴き、
患者様が車寄せまで徒歩にて移動し、座席に座ったままの移動が主となります。

そこで、弊社サービスの民間救急。
ストレッチャーにて患者様の病室のベッドから、転院先のベッドまで、
ストレスを感じさせず、おだやかでスムーズな転院をサポートさせていただきます。

民間救急サービス

民間救急サービス(民間救急車)は、
緊急性の少ない方の入退院や通院、転院、社会福祉施設への
送迎時などに移動手段を提供しているサービスです。

民間救急について

緊急性の低い病気や怪我の症状の軽い場合や、症状が安定している患者様のご利用ができます。
ご指定の場所(病院の病室ベッドなど)から目的地(ご指定の場所)まで搬送を行います。介護ヘルパーや看護師、救急救命士の有資格者が同乗し、主な装備はストレッチャーや酸素ボンベ一式、心電図などで、車内ではAEDやカテーテルによる喀痰吸引、止血などを含む 「簡易な応急手当て」 を行うことが可能です。運賃に加え、介護料、機材使用料などが別途かかります。
緊急車両(救急車)ではありませんので、救急搬送はできません。

民間救急の活用事例

サービスの流れ

民間救急サービス(民間救急車)は、
緊急性の少ない方の搬送を行うサービスです。
搬送時には、介助人または看護師が同乗いたします。
また、精神疾患患者様の搬送も承っております。

お手続きと流れ
1、お申込

お電話でのご予約の場合、氏名・電話番号・住所・病院名(病室番号)・患者様の容態・ご希望の日時・お送り先等をお知らせください。
※お問合せフォームやFAXよりご予約いただいた場合、改めてご連絡させていただきます。

2、配車お手配

お電話でのご予約以外、ご予約の確認および詳細の打合せ。 予約日時にお車をお手配させていただきます。

3、お伺い

ご指定の病院病室・ご自宅・福祉施設等までお迎えに伺います。 ※病室までお迎えにあがります。

4、搬送

ご指定の場所まで搬送いたします。

車両装備

医療機器等の設備は従来の救急車と変わりません。
最新の設備を搭載した専用患者移送車がお伺いします。

料金案内

運賃は関東運輸局で認可された計算方法により決められます。
移送車が営業所(車庫)を出発し、
お客様の送迎を終えて営業所(車庫)に戻るまでの距離で算定されます。

※長距離輸送、遠距離迎車の場合は、事前にお見積りいたしますのでお電話ください。
※走行距離とは、救急車が営業所(車庫)を出て、お客様の送迎を終了し、営業所(車庫)へ帰るまでの距離により算出されます。
※介護料は最初の1時間まで3,000円。それ以降は30分増すごとに1,500円加算されます。
※介護料は営業所を出発する時間から、搬送を終えて営業所へ戻るまでの拘束時間から算出されます。
※待ち時間、高速料金、酸素使用料、吸引器使用料等は別途費用となります。
※上記料金には消費税が含まれておりません。別途、消費税が必要となります。

各種保険の適用

各種保険の加入者が負傷や病気で歩行困難であり、
診療を受けるために移送が必要と認められた場合に限り、
その費用が一定の基準に基づき移送費として払い戻されます。

<支給の対象となる事例>
 •負傷した患者が、災害現場等から医療機関へ緊急に移送された場合。
 •離島等で疾病にかかり、又は負傷し、その症状が重篤であり、かつ、傷病が発生した場所の付近の医療機関では必要な医療が不可能で  あるか、又は、著しく困難であるため必要な医療の提供を受けられる最寄の医療機関に移送された場合。
 •移動困難な患者であり患者の症状からみて、当該医療機関の設備等では十分な診療ができず、医師の指示により緊急に転院した場合。

※医師の指示により、転院するための移送費用で保険者が必要と認めた場合支給されます。

<手続きできる場所>
市役所保険年金課、各地域自治センター、各地区市民センター、各出張所